BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

ログリー、全大会賞金付きのeスポーツ大会プラットフォームをリリース

 ログリーは9月15日、日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」を10月15日にリリースすると発表した。

 

日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム 「Adictor」

 

 Adictorは、日本各地で日夜開催されている有志大会のさらなる活性化のために、すべてのeスポーツ大会に賞金の支援を保証している点が最大の特徴となっている。未来のeスポーツプロプレイヤーへの活動支援を目的として、大会の主催者と優勝者のそれぞれに、運営事務局から賞金を提供する。

 

 賞金は、サービス内専用の独自の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでiTunesギフトカード、Google PlayギフトカードやAmazonギフト券などと交換することができる。

 

 また、コアユーザー向けにゲーム内の最上位層でさらに盛り上がるための共通レーティングを導入する。大会で上位戦績をおさめるごとに「XP」という経験値が発行され、一定の閾値ごとにレベルや称号を付与し、ランキング形式で全ユーザーに公開する。

 

 さらに、未だ影を潜める将来のスターにスポットを当てたいという思いから、多くのプラットフォームで準備されているプレイヤー同士の交流・コミュニティ機能の一切をあえて廃し、純粋に大会を楽しむ機能のみにフォーカスしている。

 

 このほかにAdictorでは、参加者の募集からトーナメントの自動生成機能や大会が終了後にログを残さないチャット機能など大会運営をワンストップで支援する機能を搭載している。

 

 今後の計画として、サービスリリース当初は運営事務局から賞金を提供するが、将来的には支援条件やリターンを設定して支援できるスポンサー機能も開発する予定。また、ユーザーに対しては、プラットフォーム内でのランクが上がるほど賞金が高まる、スポンサー付き大会のエントリー権が得られるなどの特典も検討している。

 

 同社では、Adictorを通じて、日本から世界へさらに多くのトッププロを輩出していくこと、そして日本のeスポーツブランドの向上を目指していく。