BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

NTTドコモ、「eスポーツ」事業参入 賞金総額3億円のリーグ運営開始へ

 NTTドコモは、「eスポーツ」事業へ参入し、21年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始する。

 世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始し、プロ契約を行った選手に参戦してもらい、年間を通じて試合を開催する。チーム数は16チーム(1チーム5人以上、7人まで登録可能)。年間2フェーズ制で、フェーズ1は21年2月から4月、フェーズ2は21年7月から9月の予定。シーズン賞金総額は3億円となる。

NTTドコモがeスポーツリーグを立ち上げる

 また、21年にはRiot Games(ライアットゲームズ)とのパートナーシップにより、「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定している。世界的に人気のゲームはもとより、5Gでの今後のモバイルゲームの市場拡大も視野にゲームタイトルを増やしていく。

 同社では、5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたeスポーツリーグを開催することで、eスポーツ産業を盛り上げていく考え。

 なお、これらのeスポーツリーグと大会開催にあたり、チームオーナー、スポンサーを募集する。

■外部リンク