BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

学校や企業のeスポーツ部を徹底支援 専門セミナーでプロがノウハウを伝授

 eスポーツジムやeスポーツ英会話などeスポーツ教育事業を展開しているゲシピは1月27日、岐阜県瑞浪市の中京高等学校(中京高校)と共催で「第1回中京高校esportsセミナー」をオンラインで開催したと発表した。

セミナーの様子。15人の生徒が参加した

 近年、高校や大学、企業などでeスポーツ部が数多く立ち上がっているが、部活としてeスポーツの活動を続けていくには練習場所や指導者などの要素が不足しがち。ゲシピではこれらの課題を解決するためにeスポーツ教育事業を展開しており、新たな教育プログラムの提供を始めた。今回の第1回中京高校esportsセミナーも取り組みのうちの一つで、2020年10月に発足した中京高校eスポーツ部に対し、3時間をかけて心構えや技術面を指導した。

 国内では東京と高知から、海外ではオーストラリアとマレーシアからコーチを招き、「eスポーツ英会話」「eスポーツスポーツマンシップ」「eスポーツプロ選手コーチング」の3種類のプログラムを提供した。

eスポーツ英会話の内容の一部

 eスポーツ英会話では、ゲシピの英会話コーチが実践的な講義を行った後、生徒たちが実際に英語でプレーすることで自然な英会話の習得を実現。eスポーツスポーツマンシップでは、海外のスポーツマンシップ事例やPMA(Positive Mental Attitude、常に前向きに考える思考法)を解説し、eスポーツへの取り入れ方なども含めて具体的に指導した。eスポーツプロ選手コーチングではゲシピと提携しているプロesportsチーム「Team 4SAMURAI FUNK"4RaiF”」のGorou選手がコーチを担当し、具体的なテクニックや精神面での考え方などについて講義した。セミナー後のアンケートでは生徒から高評価が得られ、「どのコーナーも非常に実践的で役に立つ内容ばかりだった」「とても3時間とは思えない、もっと長くてもいいのでまた受けたい」といった声があったという。

eスポーツスポーツマンシップで解説されたPMAについて

 ゲシピでは今後もeスポーツ部における課題解決に寄与するために取り組みを拡大していく考え。今回のようなeスポーツ部向けセミナーを開催したい教育機関・企業も募集している。

■関連記事

■外部リンク