BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

山形県にeスポーツ施設が開設 eスポーツを地元の若者文化に

 山形県の総合広告代理店、サム・コミュニケーションズは8月13日、eスポーツスペース「YES*7」を山形県山形市七日町に開設しました。「ヤマガタのデジタルライフをアップデートする。」をコンセプトに、山形における若者文化の創出や、高齢者のデジタル活用支援、地域活性化を目指します。

 

 

 YES*7は山形県山形市七日町2-7-43に位置するeスポーツスペースです。店内は、「eSports Area」「Casual Area」「Shop」の三つのエリアに分かれ、eSports AreaではPCゲームの体験、Casual Areaでは持ち込み家庭用ゲーム機のプレー、Shopでは同施設で体験した機材や周辺機器の購入が可能。ミドルスペック・ハイスペックPCや周辺機器を取りそろえているほか、大型ディスプレイとサラウンドスピーカーなども常設していることから、イベントスペースとしても活用することができます。

 

施設内の様子。落ち着きつつも先進性を感じる内装です

 

 利用料金は下記の通り。

 

料金表

 

 通常価格のほか、現在はオープン価格による特別割引も実施しており8月31日まで格安で利用できます。貸し切りプランは要相談で対応しています。

 ちなみに、同施設の開設はeスポーツ用品販売事業のファーストローンチが展開するサービス「eスポーツ導入支援サービス」によって実現しました。eスポーツ導入支援サービスは、eスポーツ施設の新規開業サポート、eスポーツ部やチームの設立サポート、eスポーツイベントの開催運営サポートの三本柱で構成されており、今回のYES*7開設はeスポーツ施設の新規開業に関するサポートを受けた形です。

 ファーストローンチ独自ブランドのハイスペックPCや、中古PCを活用したリビルドゲーミングPCを導入しているほか、入退店管理、料金精算システム、会員アプリなどもファーストローンチが開発を担当しています。

 

■関連記事

■外部リンク