BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

ヒューマンアカデミーのプロチームCrest Gamingがマウスコンピューターとスポンサー契約

 教育事業を展開するヒューマンアカデミーは8月31日、同社が運営するeスポーツチーム「Crest Gaming」がマウスコンピューターとスポンサー契約を結んだことを発表しました。今後Crest Gamingに所属する選手やストリーマーは、マウスコンピューターから製品提供を受けるほか、両社は共同で開催するコラボレーション企画を実施していく予定です。

 

Crest GamingのエンブレムとLoL部門の選手

 

 Crest Gamingは2016年に結成されたeスポーツチームで、20年からヒューマンアカデミーが運営しています。リーグ・オブ・レジェンドで優秀な成績を残しているほか、Rainbow Six SiegeやApex Legendsといったシュータージャンルなどに活動の場を広げ、幅広いゲームタイトルに進出しています。

 

 

マウスコンピューターと同社ゲーミングブランドG-Tuneのロゴ

 

 一方、マウスコンピューターはBTOパソコンを製造販売するPCメーカーで、かつては比較的安価なデバイスを中心に展開していましたが、近年ではゲーミングブランドの「G-Tune」やクリエイター向けシリーズ「DAIV」といった高性能なハイスペックPCも手がけています。

 今回のスポンサー契約にあたり、Crest Gamingの西村拓哉チームマネージャーは「G-Tuneは様々なゲーミングチームへのスポンサード実績があり、またゲーマーだけでなく、ゲーム実況や大会配信の運営企業などにも幅広く使用されている歴史あるブランドです。その輪にCrest Gamingが加わることに、感謝はもちろんのこと、チームとしての成長も感じております」とコメント。一方、マウスコンピューターの小松永門社長は「Crest Gamingに所属している皆様が安心してゲームプレイに集中できるよう、ゲーミングパソコンブランド『G-Tune』製品の提供、また、スポンサードさせていただくことによって、eスポーツと教育事業の発展に貢献できるよう精進してまいります」と応援の意志を示しました。今後両社はイベントの共同開催などを通じてeスポーツ業界における認知拡大とブランド強化を図っていく考えです。

■関連記事

■外部リンク