BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

NASEF JAPAN MAJOR Fortnite秋大会、決勝戦が開催! 日本一の高校決まる!

 高校生が出場できるeスポーツ大会「NASEF JAPAN MAJOR Fortnite Tournament Autumn 2021」の決勝大会が10月16日に開催されました。主催は北米教育eスポーツ連盟の日本本部(NASEF JAPAN)。参加した全国567校、473チームのトップが決定しました!

 

 実況は平岩 康佑さん、解説はShirasさんが務めました。ルールは2人1チームのデュオ。1カ月に渡り行われた予選から、全国8ブロックの上位5チーム、計40チームが決勝戦に進みました。出場資格は同じ都道府県に通っている高校生であること。同じ学校から参加するチーム、学校の垣根を超え友人同士で参加するチーム、様々なチームが大会に参加しています。3試合行い、順位や撃破によるポイントが多かったチームの勝利になります。

決勝大会の出場チーム
実況の平岩 康佑さん(左)と解説のShirasさん

 

 優勝チームには、トロフィー+NASEF JAPANノベルティ+「NASEF JAPAN eスポーツ環境サポートプログラム」。GALLERIAのゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R37 第11世代Core搭載 ネフライトコラボモデル」のほか、GALLERIA レーザーマウス、GALLERIA Gaming Keyboard、VX2405-P-MHD-7(23.8インチワイド 液晶モニター)が、チームの選手個々対して、それぞれ贈呈されます。また、トロフィー+NASEF JAPANノベルティは3位までのチームに贈呈されます。

優勝賞品
1位から3位に贈呈されるトロフィー
1位から3位に贈呈されるNASEF JAPANノベルティ


 第1試合は、最終収縮後に安全地帯が動き始めても半数近いチームが残っていました。ここまでくると各チームの建設物がつながり始めます。一つの大きな建造物になるにつれ、試合も激化。ジャンプパッドなどを使いながら、より有利な高い位置の取り合いが続きます。終盤、ストームの中で回復をし続けながら生き残る耐久勝負に突入。回復アイテムが尽きたものの、残り僅かなスペースの安全地帯を確保したチーム「ボイこん」のみーたんの奴隷こんげ選手と灰の魔男ぼいす選手がビクロイを獲得しました。ただ、ポイントは撃破数の多かった「One For All」とビクロイした「ボイこん」が並ぶ結果となっています。

「ボイこん」のみーたんの奴隷こんげ選手と灰の魔男ぼいす選手が第1試合のビクロイ獲得!
第1試合後のポイント

 

 第2試合は、中盤ですでに約半数のチームが削れる展開になりました。最終の安全地帯はマップ中央が指定されました。足元が水なので、下にいるとかなり不利になる地形です。この状況で一番上を取っていたのは、「千里の道も一歩より」の二人。最終の安全地帯が移動を始めると、下層では戦闘が激化。トップに立っている「One For All」が撃破ポイントを稼ぎます。最後はRuiサナ選手が一人になってしまいましたが、驚愕のエイム力を見せて撃破に次ぐ撃破でビクロイを取りました。なんと11撃破です。ただ、合計ポイントは2位「ドンヨリーヌ」と25ポイント差。油断はできない状況です。

不利な状況でも撃破を重ねて勝利を納めたRuiサナ
中盤は千里の道も一歩よりが有利な立ち位置にありました
第2試合後の合計ポイント


 第3試合は、各チームとも逆転を目指して撃破ポイントを稼ぐ必要があるので、序盤から戦闘が勃発。2位の「ドンヨリーヌ」と「気合いだけは1位」も初動が被る形で戦闘に入り、接戦の末、「気合いだけは1位」がカウンターを決めて制しました。終盤に入るころには、チーム数が3分の1まで減るという早い展開。現状1位の「One For All」Ruiサナ選手が撃破数トップを走ります。その後も撃破し続け、れぃ see...選手との素晴らしいチームワークを見せながら圧倒的なプレイスキルを披露し、チーム合計12撃破でビクロイを勝ち取りました。

 優勝は、「One For All」Ruiサナ選手とれぃ see...選手でした!!

第3試合もOne For Allがビクロイ!
第3試合の結果

 「One For All」の最終的なポイントは、なんと297!! 2位と100ポイント近い大差で優勝でした! ただ、どのチームもポテンシャルは高く白熱した戦いだったので、今後の成長が楽しみです!!

優勝はOne For All!!
総合計ポイント

 

 第3試合後はエキシビジョンマッチを開催。ゲームモードは「ソロ」「アリーナ」。ルールは地域別 チーム対抗戦。全国ブロックごとに1チームを結成し、合計8チームが参加します。ビクロイを獲得した選手が所属するチームの全選手が勝者になります。勝利チームの参加プレイヤー全員に図書カード500円分をプレゼントします。

エキシビジョンマッチのルール

 それぞれソロでの参加なので、撃ち合っている相手が同じ地域のプレイヤーかどうかを判別する必要があります。ボイスチャットは繋がっているので、意思疎通が重要なポイントと言えるでしょう。そのほか、スキンを一致させることでチームを認識しやすくするなど、連携をとるための戦略を見ることができました。勝利したのは「チーム北信越」。スキンを一致させることで、見事な連携を発揮しました。

チーム北信越が勝利!

外部リンク

■関連記事