BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

神奈川県在住の中高生向けロケットリーグ大会が開催

 横須賀市は神奈川県内在住の中高生を対象としたeスポーツ大会「YOKOSUKA e-Sports CUP」を開催すると発表した。優勝チームにはゲーミングギアなどの賞品が用意されているほか、「横浜F・マリノス eスポーツチーム」との交流会に参加できるようになる。

横須賀市初主催のeスポーツ大会

 YOKOSUKA e-Sports CUPで使用するゲームタイトルは「ロケットリーグ」。神奈川県内に在住・在学している中学生・高校生であれば参加できる(リーダーが神奈川県在住であれば他メンバーは他都道府県の中高生でも可)。予選は3月6日に開始予定で、決勝は21日に開催する。すでにエントリーは開始しており、3月2日16時に締め切る。

 横須賀市は2019年から、eスポーツに関わる人々によって地域コミュニティーの活性化と新たな文化の定着を目指した「Yokosuka e-Sports Project」開始しており、このプロジェクトに賛同した企業の協力の下、市内の高等学校などに対してハイスペックPCを無償で貸与するなど支援を行ってきた。今回のYOKOSUKA e-Sports CUPも同プロジェクトの一環で、同市は今後も音楽・スポーツ・エンターテインメント都市として発展を推進することで、子どもたちが希望をもって成長し続けていける街の実現を目指す。

■関連記事

■外部リンク