BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

全国高校eサッカー選手権大会の決勝進出者が一部決定 予選エントリー受付中 日本一のウイイレ高校生は誰だ

 講談社のサッカーメディア「ゲキサカ」とサッカーイベント運営サービスなどの事業を展開するスポーツマネジメントが主催するeスポーツサッカー大会「第1回全国高校eサッカー選手権大会 supported by PUMA」のオンライン予選会が、6月12・13日に開催されました。決勝大会に進出する選手8人の内、4人が決定。泉松陵高3年のmurasaki選手、松が谷高2年の脇役ヒーロー選手、ルネサンス高2年のkise選手、龍谷大平安高3年のこまい選手が進出します。

本物のウイイレ日本一高校生がこの大会で決まる

 同大会は、PlayStation 4用ソフト「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」を使用した高校生対象の全国eスポーツ大会。同じタイトルを使用した高校生対象の全国大会には「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」がありますが、こちらが2人1チームで戦うのに対して同大会は個人戦のため純粋な日本一を決めることができるといいます。

 今回開催されたのは、4日かけて行われるオンライン予選会のDay1とDay2です。それぞれの日にエントリーした選手が複数のブロックに分かれてトーナメントを行った後、各ブロックの優勝者とブロック決勝敗者の中から抽選で選ばれた選手で再度トーナメントを行い、1位と2位が決勝大会に進出します。ルール上、一度敗北した相手と再戦するという熱い展開が生まれる可能性もありそうです。

Day1の結果
Day2の結果

 今回、4人の選手の決勝大会進出が決まりましたが、枠は合計8人。予選会はオンラインで開催しましたが、決勝大会はMixalive TOKYOで大きく開催する予定です。高校生日本一が懸かっているだけに、残る決勝進出者4人が決まる7月10・11日開催のDay3とDay4の結果が気になりますね。両日とも、まだエントリーを受け付けているので、腕に自信のある方はぜひ参加してみましょう。期限は6月30日までです。

■関連記事

■外部リンク