BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

今年もいよいよ全国高校eスポーツ選手権が始まる! 新タイトルにフォートナイトが追加

 全国高等学校eスポーツ連盟は7月6日、9月から12月にかけて開催される高校生向けeスポーツ大会「第4回全国高校eスポーツ選手権」の概要を発表しました。従来採用していた「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」に加えて、バトルロイヤル建築FPS「フォートナイト」を新規タイトルとして採用。より多くの参加者を募集し高校eスポーツの裾野を拡大する考えです。

 

高校生による“ガチ”の全国大会。ボリュームアップして今年も開幕

 

 第4回全国高校eスポーツ選手権は、全国高等学校eスポーツ連盟と毎日新聞社が主催し、文部科学省が後援する高校生向けeスポーツ大会です。日本全国の高校生(定時制・通信制含む)、高等専門学校生が参加でき、各ゲームタイトルで日本一を決定します。18年に立ち上がってから現在に至るまで徐々にエントリー数を伸ばしており、前回大会では94校346チームの約1500人の高校生が腕を競いました。これまでは車を使ったサッカーゲームのロケットリーグとMOBAの代表格リーグ・オブ・レジェンドを使用タイトルとして採用していましたが、今大会では新たにバトルロイヤルFPSのフォートナイトが追加。これまでにない規模となることが予想されます。

 

今年は新タイトルとしてフォートナイトが追加。バトルロイヤルモードのデュオで開催します

 

 基本的な参加資格は高校生であることのみ。具体的には、日本国内に在住する高校生・定時制高校生・高等専門学校生(3年生まで)・通信制高等学校生であること。また年齢は満16歳から満19歳まで。チームメンバーは全員が同じ学校に在籍している必要があります。通信制高校で所属キャンパスが決まっている場合は同じキャンパスのみ、ネット学習のみのコースでキャンパスが決まっていない場合は同じコースのみのチームメンバーでエントリー出来ます。なお、これまでは一つの学校(キャンパス、コース)で多くのチームが出場できましたが、今大会では3チームのみに制限されています。

 各ゲームタイトルの詳細は以下の通り。

 ロケットリーグのチーム人数は3~4人で対象プラットフォームはPC、PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、Nintendo Switch Lite、Xbox One、Xbox X/S。決勝はPCのみで参加できます。予選は9月25日、26日、10月9日に開催し、決勝大会は12月25日に実施します。エントリーは7月19日から9月9日まで受け付けています。

 リーグ・オブ・レジェンドのチーム人数は5~6人で対象プラットフォームはPCのみ。予選は10月23日、24日、11月3日、23日に開催し、決勝大会は12月26日に実施します。エントリーは8月16日から10月1日まで。

 フォートナイトはバトルロイヤルモードのデュオで実施する予定で、チーム人数は2~3人。対象プラットフォームはPC、PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、Nintendo Switch Lite、Xbox One、Xbox X/S。ロケットリーグと同じく決勝大会はPCでのみ参加できます。予選は10月30日、31日、11月6日、7日、20日、21日に開催し、決勝大会は12月19日に実施します。エントリーは8月16日から10月11日まで。

 予選はオンラインで行います。決勝は、ロケットリーグとリーグ・オブ・レジェンドのみオフラインで実施し、フォートナイトはオンラインで開催します。友達の雄姿を観戦しながら応援しましょう。

■関連記事

■外部リンク