BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

「Apex Legends」の大会に参加したい!日本で参加可能な大会は?

 

 「Apex Legends(APEX)」は、Respawn Entertainmentが開発しエレクトロニック・アーツ(EA)が配信している2019年リリースの基本プレー無料FPSゲームです。異なる能力を持ったレジェンドで3人1チームを作りバトルロワイヤル方式でチャンピオンの座を争うシステムで、リリース当初から注目を集め、現在ではeスポーツ業界における一大タイトルとしても大きな盛り上がりを見せています。

 本稿では、日本国内からの参加が可能なAPEXの大会に関する情報をまとめました。高校生の参加可否についても解説していますので、APEXの大会に参加したいと考えている高校生はぜひ参考にしてください。

開催される大会の種類

 本稿で紹介するeスポーツ大会は、APEXを手がけるEAが公式で主催するものと、一般の企業や自治体やeスポーツチームといった団体が主催する2つの種類に分けられます。

 公式やその他の企業・自治体が主催の大会では、参加者を広く募集し高校生でもエントリー可能なものが多い一方、eスポーツチームが主催の大会は、そのチームからの招待(インビテーション)が必要となる場合があります。なお、本稿ではストリーマーを含む個人が主催する大会に関しては省略しています。

公式が開催している大会一覧

 まずは、EA主催の公式大会を紹介します。

Apex Legends Global Series

 APEXの公式グローバルリーグです。21年5月から6月にかけ、4つのステージで世界中の強豪チームが世界一の座をかけたバトルを繰り広げます。

 メジャー大会となる「CHAMPIONSHIP」の優勝チームには賞金21万ドルが贈呈され、2位以下も含めた全体の賞金総額は100万ドルです。

 最初の予選となるオンライントーナメントは一般チームのエントリーも受け付けています。日本在住の方のエントリーは17歳以上からとなっているので、17歳以上であれば高校生でも参加することができます。

企業・自治体が開催している大会一覧

 続いて、公式以外の企業や自治体が開催している大会を見ていきましょう。

FFL APEX LEGENDS

 Fennelが主催の、APEXの国際大会です。国内外の競合20チームが参加し、20年11月3日から毎週火曜日、計4日間にわたる試合を行って1位の座を競いました。

 賞金総額は30万円となっています。こちらはプロチーム向け大会のため、一般からのエントリーは受け付けていません。

Apex Legends KAGAYAKI杯

 ゲーム配信サイト・Mildom主催の大型APEXカスタムマッチイベントです。運営から招待を受けた豪華配信者たちが参加し、チームを組んでバトルを繰り広げます。

 本選は6月26日に開催され、優勝チームには賞金30万円が贈呈されました。

 Mildomで活動している一般配信者の中から参加者を選ぶ「Apex Legends ウィークリーランキング EXTRA」が事前に開催されていたため、アマチュアの高校生でも参加できるチャンスが与えられていた大会です。

FACE

 JCG主催のオープン大会で、毎月開催されています。プロ・アマチュア問わず参加可能で、6月23日に開催された6月大会決勝では、計20チームがゲーム内順位とキル数からなるポイントを競いました。

 優勝チームには賞金として3万円、準優勝チームには1万5000円、3位のチームには6000円が贈呈されています。

 こちらの大会は、エントリーするチームメンバー全員が大会当日までに満17歳以上となっていることが条件なので、高校生でも17歳以上の方であれば参加できます。

和州カップ

 e,s,K主催のオープン大会で、同社ではAPEXを含めた数々のタイトルの大会を開催してきました。21年5月2日に開催された「第2回和州カップ:APEX Legends部門」では20チーム60人のプレイヤーが優勝を目指して競いました。現在、9月18・19日に「第3回和州カップ:APEX Legends部門」を開催予定です。

 第3回では、優勝チームには賞金15万円が、2位のチームには5万円が贈呈されます。

 プロ・アマチュア問わずエントリーを受け付けており、参加条件は21年9月19日時点で満17歳以上であること。条件を満たせば、高校生であっても参加することができます。

Cypher CUP

 プロゲーミングチーム・SCARZが主催する、日本最大級のAPEX大会です。プロ、アマチュア、ストリーマーを含む全80チームが集結し、21年4月から7月にかけて全5回の大会を行います。

 各大会の優勝チームにはAmazonギフトカードや賞金が用意されており、7月に行われる最後の大会「GRAND FINAL」の優勝チームの賞金は120万円です。

 21年5月16日時点で満17歳以上であることが参加条件となっており、こちらも17歳以上なら高校生でもエントリー可能な大会となっています。

まとめ

 日本国内から参加が可能なAPEXの公式大会と、公式以外の企業や団体が主催する大会をまとめて紹介しました。

 APEXはeスポーツ競技の中でも世界中で盛り上がりを見せているタイトルで、小規模なものを含めると日本でも数多くの大会が開催されています。公式大会への出場を目指し、まずは小・中規模の大会から実績と自信を積み重ねていきましょう。

■関連記事