BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

全国初!?岡山県限定のAPEXの高校生リーグが開幕 マナーポイント制度で礼儀正しいeスポーツプレイヤー育成を目指す

 岡山県eスポーツ連合は6月11日から、岡山県内の高校生を対象としたeスポーツ年間eスポーツリーグ「岡山県高校生eスポーツリーグ」を開催します。採用タイトルは「Apex Legends」。現在参加者を募集しており、締め切りは6月8日まで。こちらのページからエントリーができます。

 

 

 岡山県高校生eスポーツリーグはApex Legendsを採用した岡山県の高校生を対象とした年間リーグ。PC、PlayStation 5、PlayStation 4、Nintendo Switchの全てのプラットフォームから参加可能です。岡山県eスポーツ連合は、同リーグを「高校生の日常的な活動目標になりえる定期的な年間大会の設置と、大会を通して健全なeスポーツプレイヤーを育成すること」を目的として立ち上げたといいます。

 開催期間は2022年6月11日から23年3月14日まで。6月11日、9月19日、12月17日にシーズン大会を開催しポイントを付与。23年3月14日にポイント上位チームによる決勝大会を開催します。

 大会ポイントは、一般的なeスポーツ大会と同様、各試合の順位とキル数によって付与されますが、同リーグの特徴的な制度として、マナーポイントが導入されています。マナーポイントとは、社会において守るべきマナーを知ってもらうための制度で、遅刻や無断欠席、死体撃ちや暴言といったバッドマナーに対して減点を課し、挨拶や結果報告といった推奨行為に加点するというものです。

 現在参加者を募集しているのは6月11日に開催する第1回シーズン大会で、参加条件は岡山県内の高校生であることのみ。既に15チームほど、岡山県内でeスポーツ部を持つ学校の参加が決定しており、現在はeスポーツ部に所属していない一般の高校生の参加を募集している段階です。最終的には、20~30チームでの開催を目指しているとか。

 同リーグでは非常に広く門戸を開いており、全日制・通信制・定時制などの形式を問わず参加可能。また、民間団体などで教育を受けているようなケースでも岡山県在住であれば参加できるとか。また、通信制に通っている生徒も同様で、学校の本校所在地が圏外であっても生徒本人が岡山県在住であれば問題ありません。なお、参加費はメンバー1人につき1000円となります。

 これまで、高校生を対象とするeスポーツ大会は数多く開かれてきましたが、年間を通した地方リーグの開催は非常に珍しい試みです。単発の大会と比較すると全てのシーズン大会に同じメンバーで参加する必要がある点はハードルが高いですが、eスポーツシーンに近い形式でプレーする経験が得られます。また、通年で同じメンバーが一堂に会すことから高校eスポーツコミュニティの醸成にも一役買うことになるかもしれません。興味がある方はぜひ参加してみましょう。

■関連記事

■外部リンク