BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

米Riot Games、eスポーツブランド「LoL Esports」を発表

 PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の運営元である米Riot Gamesは7月22日、リーグ・オブ・レジェンドのeスポーツブランド「LoL Esports」を発表した。LoL Esportsは、世界規模のグローバルな競技イベントや世界中のファンのための大規模なスポーツエンターテインメントのプラットフォームと情報発信の場となる。

 

 LoL Esportsブランドは、リーグ・オブ・レジェンドがスポーツとしてこの先の10年を迎えるにあたり、ゲームを意義のある職業として確立するという理念を体現するもの。LoL Esportsのロゴとビジュアルは、LoLの伝統ある競技場「サモナーズリフト」のアートワークをインスピレーションしている。

 10年の始動以来、リーグ・オブ・レジェンドのeスポーツは世界最大の人気を獲得している。例えば、19年に開催されたWorld Championshipの決勝戦は、過去最大となるAMA(平均視聴者数/分)2180万人に達した。リーグ・オブ・レジェンドのeスポーツは業界をリードするコンテンツへと拡大し続けており、数百人におよぶプロ選手が世界12地域のリーグで競技を行っている。

 競技のエコシステムには、新人選手の登竜門となる大学リーグも含まれており、リーグ・オブ・レジェンドはさまざまなリーグでスポーツの体験を再定義する革新的なデジタル主導の取り組みが行われている。

 現在開催されている20年シーズンのSummer Split(国内ではLJL 2020 Summer Splitが開催中)では、昨年比で地域リーグが大幅な成長を遂げており、オンラインでのAMAが大きく増加している。

 Engine Media/Torque Esportsのゲーム配信データ分析の専門家であるStream Hatchetの最近の報告によると、LPL(中国)、LCK(韓国)、LEC(欧州)、LCS(北米)のLoLプロリーグ上位4地域では、TwitchとYouTubeでAMAが129%増加していることが示され、グローバルな視聴数が増加していることが証明された。

 今後、LoL Esportsは、デジタルチャンネルであるLoLEsports.comを通して、グローバルな競技イベントをそれぞれ異なる視点から捉えた三つの動画シリーズによって、さらなるエンターテインメントの提供を開始する。これらの動画シリーズでは、ファンがリーグ・オブ・レジェンド eスポーツの12の地域リーグとグローバルイベントでのトップレベルのゲームプレーを取り上げた動画を楽しむことができる。

 なお、LoL Esportsのサイトデザインを刷新するにあたり、サモナーズリフトをインスピレーションの源とし、配色やアイコンを作成した。全てをここまで成長させてくれたこのゲームへ敬意を払いつつ、よりモダンに作り変えていくことが今回のサイトリニューアルの目標となっている。