BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

KDDI、eスポーツ・国内プロリーグ「LJL」のバーチャルイベントに技術協力

 KDDIは9月2日、世界で1億人以上がプレイするPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」のeスポーツ・国内プロリーグ「LJL」の20年夏季シーズン「2020 Summer Split」で、9月5日、6日に開催されるPlayoffs Round 3、Finalsを自宅からバーチャル空間上でほかのファンと一緒に楽しむことができるイベント「LJL 2020 Summer Split Playoffs Round 3 Finals - Virtual Stage」の環境構築に技術協力すると発表した。

KDDIが環境構築に技術協力した「LJL 2020 Summer Split Playoffs Round 3 Finals - Virtual Stage」

 バーチャル空間上に、ヨシモト∞ホールを入口にした新しいイベント会場を構築し、顧客は自宅からスマートフォンやパソコン、VRデバイスを使って来場できる。また、オリジナルアバターを使って会場内を自由に動き回りながら、多くのファンとコミュニケーションを取ることができ、LJLに出場するeスポーツチームや選手をほかのファンと一緒に応援するなど、オンラインでの新しいeスポーツ観戦体験が可能となる。

 さらに、試合開始前のカウントダウンや優勝チーム決定時の花火など、試合の状況に合わせた演出により、ファン同士でコミュニケーションを取りながらリアル会場で応援するような一体感を楽しむことができる。なお、利用料金は、トライアルのため無料で実施する。

 今後KDDIは、新型コロナウイルス感染症の影響などによるeスポーツを取り巻く様々な環境で、「持続可能なファンとのつながり」のあり方を検討するとともに、au 5Gや先端テクノロジーを活用した新しいエンターテインメント体験の創出を通じて国内eスポーツの発展に貢献していくという。