BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

U19eスポーツ選手権2021、優勝は「スターダスト田村」! Gメッセ群馬で決勝

 全国初となる19歳以下のeスポーツ大会「第2回 U19eスポーツ選手権2021 supported by 糸井ホールディングス」の決勝戦が、11月14日に群馬県のGメッセ群馬で開催されました。参加した全71チームの頂点に立ったのは、「スターダスト田村」でした。

 

第2回 U19eスポーツ選手権2021 supported by 糸井ホールディングス


 競技タイトルは世界的に人気が高い「リーグ・オブ・レジェンド」。次世代を担う若者の戦略的思考やチームワーク、コミュニケーション能力の向上を図るともに、国内外で有数の若者憧れの大会として開催することを目的としています。また、今大会は英語翻訳も同時に配信することで、より多くの人が視聴できるよう配慮しています。MCは岸大河さん、実況はeyesさん、解説はRevolさん、英語実況はKaizerさん、英語解説はJapaneseKoreanUGさんが務めました。

 参加条件は13歳から19歳であることのみ。71チームがトーナメント形式で戦い、11月14日の決勝大会には「スターダスト田村」と「OTP」が進出しました。決勝戦は2本先取制のBO3です。

 主催はU19eスポーツ選手権実行委員会(群馬県)。トップスポンサーには糸井ホールディングス、次いでサードウェーブのゲーミングブランド「GALLERIA(ガレリア)」や、アイ・オー・データ機器のゲーミングブランド「GigaCrysta(ギガクリスタ)」などがついています。

 「スターダスト田村」には、前回大会の優勝プレイヤーvann選手やもんちゅんい選手、全国高校eスポーツ選手権やSTAGE:0でも活躍したShakespeare選手やrre選手が所属しています。

 

スターダスト田村


 対する「OTP」は初出場。HALdesu選手が全員を集め、オフラインとなった決勝戦で初めてリアルで顔を合わせたといいます。なかでも、HALdesu選手と黒猫たいちょー選手は好きなチャンピオンが一致したことで知り合ったといいます。

 

OTP


 1戦目、序盤はスターダスト田村が一歩リード。重要な強化要素を獲得したほか、撃破数でOTPを上回り、経験値や資金といったリソースの面で有利を獲得します。中盤もスターダスト田村が優位を守りつつ攻めあがり、総当たり戦でOTPを撃破。重要な強化効果を持つNPCを巡る攻防では、一瞬のスキをついてOTPが掠め取ったものの、このときに負ったダメージが大きく、スターダスト田村がそのまま勝利を納めました。

 

有利を保ち続けて勝利を納めたスターダスト田村


 続く2戦目、開始3分~4分の緒戦はOTPが有利に立ちました。また、スターダスト田村が手を付けていた強化効果を持つNPCを、再びOTPが掠め取り、さらに有利差を広げました。戦闘は一進一退の攻防ですが、OTPが戦略で上回る状況です。中盤の集団戦もOTPが優勢で終わり、OTPの有利が大きくなります。しかし、終盤にさしかかった26分ごろ、スターダスト田村はチームワークを発揮して集団戦を制し、一気に有利をもぎ取ります。その後も見事な連携を魅せ、優勝に輝きました。

 

逆転で勝利したスターダスト田村


 優勝賞品はオカムラのゲーミングチェア「STRIKER」(チームメンバー全員)、MSYのゲーミングデバイス「RAZER・GRAPHT製品」30万円相当(チーム)、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス「ツーリスト旅行券」1人2万円相当(チームメンバー全員分)、「ライアットポイント」5500ポイント(チームメンバー全員分)。決勝大会で印象に残った各チームのプレイヤー1人にMIP賞としてアイ・オー・データ機器のゲーミングディスプレイ「GigaCrysta」が贈呈されました。優勝メダルとブーケは、山本一太群馬県知事が直接手渡しました。

 

優勝メダルを受け取ったvann選手(左)と手渡した山本一太群馬県知事(右)

 

 群馬県は今後もこの大会を続けていく方針。27日にはレッドブル・ジャパンが5年ぶりに主催する「Red Bull 5G 2021 FINALS」、28日には全国初の試みとなる「全日本eスポ-ツ実況王決定戦」が同県で開催されます。いずれもオンラインで視聴可能。群馬県はeスポーツの聖地を目指して取り組んでいくそうです。

 

■外部リンク

■関連記事