BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

東京eスポーツフェスタ2021、大会参加者と展示会出展者の募集を開始

 東京eスポーツフェスタ2021実行委員会は、21年2月12日-14日に開催される「東京eスポーツフェスタ2021」の大会参加者と展示会出展者の募集を12月28日に開始する。

第2回「東京eスポーツフェスタ」はオンラインで開催

 

 「東京eスポーツフェスタ」は、eスポーツの普及と関連産業の振興を目的として、eスポーツの競技大会と関連産業展示会などで構成するイベント。2回目となる今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、オンライン形式での実施となるが、オンラインであってもeスポーツを体感できる様々な企画を予定している。

 イベントの主な企画は、eスポーツの活性化を図る「eスポーツ競技大会」、eスポーツ関連産業の振興を図る「eスポーツ関連産業展示会」、eスポーツや関連技術などについて学べる「eスポーツのセミナー・学習企画」など。12月23日にオンライン開催の会場の1つである公式ホームページを開設し、12月28日から競技大会の参加者・展示会出展者の募集を開始する。

 eスポーツ競技大会では、「太鼓の達人 Nintendo Switchばーじょん!」(参加単位1人)、「パズドラ」(同1人)、「モンスターストライク」(同2人1組)、「グランツーリスモSPORT」(同1人)、「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」(同1人)、「ぷよぷよeスポーツ」(同1人)の6種目で参加者の募集を行う。各種目1位の参加者には、「東京都知事杯」を贈呈する。

 eスポーツ関連産業展示会では、eスポーツに関連する製品・サービスを有し、東京都内(島しょを含む)に本社または主要な拠点を置く中小企業、個人事業者、専門学校などを対象に出展募集を行う。募集数は50社程度で、出展料は1万5000円。オンライン展示会が初めての場合でも、きめ細やかなサポートで効果的な出展に導く。申込期間は、12月28日から21年1月15日まで。

■関連記事

■外部リンク

東京eスポーツフェスタ=https://tokyoesportsfesta.jp/