BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

バーチャファイターがJeSU公認eスポーツタイトルに! 初のプロ選手は大会入賞者から選出

 日本eスポーツ連合(JeSU)は12月6日、セガのPlayStation 4向け対戦型格闘アクションゲーム「Virtua Fighter esports」をJeSU公認タイトルとして認定したことを発表しました。

 


 JeSU公認タイトルは、ゲーム開発会社がJeSUに申請し、競技性や稼働実績、大会の開催予定、興行性などを測る審査に通った際に付与されます。対象のタイトルがeスポーツとして必要な要素を備えているかをJeSUが担保する制度と言えます。公認タイトルに認定されると、開発会社はJeSU公認のeスポーツ大会を開催できるようになるほか、対象タイトルのプレイヤーに対してジャパン・eスポーツ・プロライセンス発行の権利を付与できるようになります。

 また、今回のJeSU公認タイトル認定を受け、開発会社のセガはもともと1月に予定していた公式大会「VIRTUA FIGHTER esports CHALLENGE CUP SEASON_0【2nd】」のFREE部門において、優勝者と準優勝者にジャパン・eスポーツ・プロライセンス発行の権利を付与すると発表しています。同大会のエントリーは既に開始しており、期限は22年1月4日まで。こちらのページから。

 FREE部門での主な出場資格は、エントリー締め切り日時点で満12歳であることのみ。未成年者は保護者の承諾を得る必要があります。2012年にリリースされた「バーチャファイター5 ファイナルショーダウン」を最後に新作が途切れていた同シリーズですが、20年のセガ創立60周年をきっかけとして再度盛り上がりを見せています。過去作で腕に自信がある人は、ぜひ参加を検討してみましょう

 

■関連記事

■外部リンク