BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

NTTが子ども向けeスポーツ英会話学習サービスを支援 フォトナとマイクラで楽しくスタディ

 NTT東日本は4月15日、キティクラブ(キティインターナショナルスクール)が「オンライン」「eスポーツ」を活用した幼児・子ども向けの新たな英会話・英語教育サービスを4月から開始するにあたり、これを支援したことを発表しました。

 

 

 キティインターナショナルスクールは、赤ちゃんから小学生までの子どもを対象として英語教育を提供しているこども英会話スクール。同校が新サービス事業を開始するにあたって、「ICT&プログラム専門棟・二子玉川キャンパスWEST」を東京都世田谷区に新設しました。幼児専門ICT&プログラム専門キャンパスを拠点とし、海外姉妹校や自治体と連携した多彩な教育プログラムを通じて、さらなる世界標準の最先端学習の実践を目指します。なお、この取り組みは、NTT東日本グループ会社であるNTT東日本・NTTe-Sports・NTTタウンページが一体となって事業再構築の支援をした初めての事例となります。

 近年、コロナ禍により英会話教室や子どもの稽古を不要不急と考えるケースや、海外との人流が停滞しキティインターナショナルスクールの新規入学者や新規入学の問い合わせも減少したと言います。今後も通学・対面式の授業形態だけでは事業規模の縮小は避けられず、中長期にわたり持続的に成長するためには、既存形態に加えて、オンラインによる非対面式サービスや新規サービスを顧客に提供していく必要があると考えたとか。

 事業再構築にあたり、補助金活用を検討しているなかでNTT東日本が主催するオンラインセミナーに参加し、NTT東日本と一緒に新たな事業展開を検討した結果、「eスポーツを活用した新たな英会話教育サービス事業」と「幼稚園・保育園向けオンライン英会話教育サービス事業」という2つの事業再構築(新分野展開)に取り組むことになりました。

 

eスポーツを英会話で活用

 

 eスポーツを活用した新たな英会話教育サービス事業では、「【FORTNITE・フォートナイト】を使って楽しく英会話をマスター!」と、「【MINECRAFT・マインクラフト】を使って楽しく英会話をマスター!」の2コースを4月から開始します。これらのサービスではゲームを通して楽しみながら英語やプログラミング教育が可能となり、オンラインによる海外の人とのコミュニケーション機会や自習ノートも提供するなど、教育活動志向型のサービスを提供する予定です。

 

オンライン授業にも対応

 

 また、幼稚園・保育園向けオンライン英会話教育サービス事業では、インターナショナルスクールとして約40年間培ってきたイマージョン教育のノウハウ・ブランド力を生かし、JECA認定教師による質の高い英会話教育を望む日本全国の幼児園・保育園等児童施設向けに、オンライン配信による英会話教育を新たにサービスとして提供します。オンラインコースの授業時間は子どもたちが夢中になって楽しめるよう1回30分に設定されています。

 今後、キティインターナショナルスクールは、二つの新たなサービスをラインアップに追加したことを機により一層使命感を持ったスクール運営を実施していくとしています。また、NTT東日本においても売り上げ拡大や業務効率化、事業再構築などのソリューションを提供していく考えです。

■関連記事

■外部リンク