BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

Shadowverse全国都道府県対抗eスポーツ選手権の競技タイトルに! 中学生から大学生までが参加可能

 全国都道府県対抗eスポーツ選手権2022TOCHIGI実行委員会は4月26日、同イベントの競技タイトルとして新たに「Shadowverse」が加わったことを発表しました。これにより今大会の競技数は6タイトル10部門となります。

 

 

 Shadowverseは、累計で2500万ダウンロードを記録するスマートフォン向けトレーディングカードゲーム。9言語で世界にリリースされており、世界大会の開催やプロリーグの設立などeスポーツシーンの形成に積極的なタイトルです。

 

Shadowverse

 

 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2022 TOCHIGIで実施するのは中学生から大学生までが出場できる「学生の部」。iOS、Android OS、DMM GAMES、SteamのShadowverseが対応する全てプラットフォームで参加可能です。具体的なレギュレーションやエントリー日時は後日発表予定です。

 

競技タイトルと部門(「PlayStation」および「グランツーリスモ」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標または登録商標です。 DMMは、合同会社DMM.comの登録商標です。 Steamは、米国及びその他の国のValve Corporationの商標または登録商標です。 Nintendo Switchは任天堂の商標です)

 

 今回、Shadowverseが競技タイトルに加わったことで今大会の競技タイトルと部門は全部で6タイトル10部門となりました。「eFootball」シリーズ、「グランツーリスモ」シリーズについては、シリーズ内のどのタイトルで実施するかは未定。決定次第、公式サイトなどで発表されます。

■関連記事

■外部リンク