BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

REDEEのメンバーシップが大幅アップデート 新制度で子どもの夢をますます応援

 デジタル教育施設REDEEは7月21日、月額会員制度の「REDEEメンバーシップ」を進化させ長期的な学習を見据えた新たな学習プロジェクトを追加するほか、新たなカリキュラムを提供すること発表しました。8月1日から受講することができます。

 

 

 REDEEメンバーシップは21年7月から展開している制度。月額料金を支払うことで好きなタイミングで施設を自由に利用でき、会員だけが受けられる限定カリキュラムを受講することができます。

 現在、REDEEでは30以上のカリキュラムを用意しており、新たに「イラストせいさく」「メタバース アバターせいさく」「データぶんせき」「ぷよぷよプログラミング」を追加。より選択肢の幅が広がります。

追加される新カリキュラム

 

 また、新メンバーシップでは長期的観点で学びたい職業を見つけていく新制度「プロジェクト」を導入しています。具体的には、最初に「スクラッチ」「マインクラフト」の2つのコースを選択し3カ月間で計6回の講義を通じて基礎的なプログラミングスキルを学習し、これを通じて自分がやりたい職業を決めます。

 その後、「エンジニア」「クリエーター」「プロゲーマー」の3種類から自分がやりたい・学びたい職業を選択。各職業に関連するカリキュラムを受講することができます。数多くのカリキュラムを展開してきたREDEEですが、今回のプロジェクト制度を導入したことで子どもたちはより体系的にITスキルを身につけられるようになったといえるでしょう。

 なお、REDEEメンバーシップの料金は入会キャンペーンにより初月980円、2カ月め以降2980円で展開されていましたが、今年7月末で同キャンペーンが終了することにより料金を改定します。8月以降は新規入会の場合でも初月から月額2980円、11月以降の入会は月額4980円となります。ただし、8月から10月までに入会した場合、23年3月末まで月額2980円で利用可能だとか。入会を検討している場合は10月末までに入会したほうがお得です。

■関連記事

■外部リンク

REDEE=https://redee.game/