BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

日中韓合同の国対抗eスポーツ大会が開催間近 釜山で戦う日本代表チームを応援しよう

 日本eスポーツ連合(JeSU)は11月11日、16~18日にかけて開催されるeスポーツ世界大会「Esports Championships East Asia 2022(東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022)」に日本代表選手を派遣することを発表しました。

 

 

 同大会は日中韓の東アジア3カ国によって競われる国対抗のeスポーツ大会。3カ国の友好と東アジアにおけるeスポーツの価値向上を目的に企画されており、2021年に第1回大会が韓国で開催、今大会で2回目となります。

 今回は中国・上海を配信拠点としつつ、韓国・釜山で開催中のゲームショウ「G-STAR 2022」に合わせて日韓の2カ国はオフラインで参加する予定です。

 競技タイトルは、「eFootball 2023」「Hearthstone」「League of Legends(LoL)」の3つを採用。各競技のIPホルダーから推薦された計9人の選手と1人のコーチを派遣する予定です。具体的には、eFootball 2023ではLeva選手とkoko選手、Hearthstoneではposesi選手とAlutemu選手、LoLではRicky選手、Popon選手、Akainu選手、chilioil選手(以上、前Sengoku Gaming所属)、Akabuff選手(前Axiz所属)、YSDSコーチ(Sengoku Gaming所属)が大会に出場します。

 各試合の模様はリアルタイムで配信するとか。18日には日本語による配信も予定されています。この機会に日本代表チームの頑張りを応援しましょう。

■関連記事

■外部リンク

Esports Championships East Asia 2022=https://jesu.or.jp/ecea2022/