BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

「フォートナイト」の大会に参加したい!日本で参加可能な大会は?

数多くの大会が開かれているフォートナイト

 

 「フォートナイト」はTPS(Third Person Shooter:サードパーソン・シューター)に分類されるゲームで、eスポーツの人気種目として世界中のプレイヤーを熱狂させています。

 このコラムでは、日本で開催されているフォートナイトの大会について、ルールや参加人数、賞品などの情報を紹介し、高校生が参加できるかどうかも記載します。

開催される大会の種類

 フォートナイトはeスポーツの種目の一つとして人気のタイトルなので、さまざまな形で大会が開催されています。この記事では企業や公的機関、eスポーツチームが開催するものに限定して紹介し、個人主催の大会は省略します。

 また、フォートナイト公式の大会以外は基本的に日本で参加可能なもの、ここ数年で開催されており今後も継続して開催されそうな大会で、ある程度以上のプレリリースを行うものに限定します。

 参加の条件も記載していますが、eスポーツチーム主催の大会では招待(インビテーション)制の場合もあるのでご注意ください。

 

公式が開催しているフォートナイトの大会一覧(2020年以降に開催されたもの)

 ここではフォートナイトを開発・提供しているEpic Gamesの主催によって現在開催されている、もしくは直近で開催された大会を紹介します。

Fortnite Champion Series

 略してFNCSと呼ばれている、フォートナイトにおいてもっとも有名な公式主催の大会です。チャプターとシーズンを区分して随時開催されており、公式の発表では13歳以上に参加資格があるとしているので、日本の高校生も出場することができます(18歳未満は保護者の許可が必要です)。

 

 賞金はシーズンや地域で異なりますが、例えばチャプター2シーズン5の公式規定では、アジア地区で1位だった場合36,000ドル(1ドル110円換算で396万円)です。

 期間中に週ごとの集計で上位のチームが予選を進出していき、準決勝、決勝と勝ち抜いていくスタイルです。準決勝の後に敗者復活ラウンドも用意されています。

企業(政府)及びeスポーツチームが開催しているフォートナイトの大会一覧(2022年4月以降に開催されたもの・されるもの)

 この項目では、フォートナイト公式以外の企業や公的機関、eスポーツチームなどが開催・後援している大会を記載します。

STAGE:0(ステージゼロ)

 

 「STAGE:0」はテレビ東京と電通が主催、文部科学省や日本eスポーツ連合などが後援、一般企業がスポンサードする高校生向けのeスポーツ大会です。フォートナイト部門は同一の高校に在学する生徒2人1組でエントリーする方式で(エントリーには保護者の同意が必要)、100人で参加するバトルロイヤル方式で争います。

 

 2022年度大会は6月18、19日に行われる環境確認のためのテストマッチを経て6月25、26日にブロック代表決定戦が開催され、勝ち抜けば8月14日の決勝大会に進むことができます。決勝大会の優勝チームには、プロゲーマーやメジャーなストリーマーとの記念マッチ、交流の機会などを組み込んだプログラムが提供されます。

 

 この大会は例年、日本国内在住の高校生のみが参加対象です。同じ高校に在籍している2人1組でチームを組むことができれば、公式Webサイトのエントリーフォームより誰でも気軽に応募ができますよ。今年のエントリーはすでに締め切っていますが、来年以降に向けて大会の模様をぜひチェックしてみてください。

全国高校eスポーツ選手権

 

 「全国高校eスポーツ選手権」は全国高等学校eスポーツ連盟と毎日新聞社が主催し、文部科学省が後援する高校生向けeスポーツ大会です。

日本全国の高校生(定時制・通信制含む)、高等専門学校生が参加可能。

 第4回にして初めて採用された「フォートナイト」部門はバトルロイヤルモードのデュオで実施する予定で、チーム人数は2~3人。対象プラットフォームはPC、PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、Nintendo Switch Lite、Xbox One、Xbox X/S。ロケットリーグと同じく決勝大会はPCでのみ参加できます。予選は10月30日、31日、11月6日、7日、20日、21日に開催し、決勝大会は12月19日に実施します。エントリーは8月16日から10月11日まで。

GameWithCup

 「GameWithCup」は、ゲームレビュー・攻略サイトを手がける株式会社GameWithが主催するeスポーツ大会です。フォートナイトを種目とする大会として国内最大級の規模で、大会の模様はGameWithCup公式YouTube・Mildomチャンネルにてライブ配信されます。

 

 直近の大会は2022年4月2日、「アルティメットトリオフェス」と「最強デュオ決定戦!2v2ガチバトル」の2部制で行われました。それぞれの優勝チームに50万円、計100万円の賞金が贈呈されています。

 

 こちらの大会は、プロeスポーツチーム・GameWith eSportsに所属のプロゲーマーやインフルエンサー、ストリーマーが参加する形式のもので一般からのエントリーは受け付けていません。公式Twitterなどでは視聴者参加型のプレゼント企画が用意されているので、プロゲーマー同士の対決の模様にぜひ注目してみてください。

親子Duo大会in愛知 FEATURING FORTNITE

 「親子Duo大会in愛知 FEATURING FORTNITE」は、メ〜テレ、ctc、愛知eスポーツ連合が共同開催している親子向けeスポーツ大会です。申込者の中から愛知県在住の方優先で選ばれた75組150名の親子が、デュオを組んでオンライン上でチームワークを競います。

 

 直近の大会は2022年4月17日に開催され、優勝チームには豪華賞品が贈呈されました。Discordを活用し、参加者が揃って記念撮影を行うなどゲームを通じた交流も充実しているイベントです。

 

 こちらの大会は小学生の子どもとその親が参加対象となっており、高校生の方のエントリーはできません。

LogStare eSports Series featuring FORTNITE

 「LogStare eSports Series featuring FORTNITE」は、株式会社JCGが主催するIT系部門および企業・学校の関係者を対象としたeスポーツ大会です。直近の大会は3月に最大40チーム80人の一般エントリーを募集し、4月28日に開催されました。

 

 こちらの大会は、チームメンバー計2人のうち少なくとも1人が企業の情報システム部門、IT系企業、IT・情報・工学系の専門学校・大学・大学院(学生または教員)のいずれかに属していることが条件となっています。各マッチの優勝者・準優勝者・3位入賞者と個人賞受賞者には、総額99000円のAmazonギフト券が贈呈されました。

 

 IT分野の関係者をチームメンバーとした上で、16歳以上になっている方なら高校生でもエントリーができますよ。

全国都道府県対抗esports選手権 FORTNITE部門

 「全国都道府県対抗esport選手権 FORTNITE部門」は、COR LEONIS eSPORTS TEAMが主催・福岡eスポーツ協会が後援の都道府県対抗eスポーツ大会のフォートナイト部門です。小学校低学年の部(ソロ)・小学校高学年の部(ソロ)・中学生の部(デュオ)・高校生の部(デュオ)・社会人の部(トリオ、県フリー)があり、2022年6月25日まで一般エントリーを受け付け、7月10日に全部門の予選ラウンドが、8月7日に決勝ラウンドがオンライン上で開催されます。

 

 社会人の部を除く、小学生~高校生の部は同じ都道府県に住んでいるプレイヤー同士でチームを組んで参加するシステムです。高校生の方は、同じ都道府県に住んでいる方とチームを組み、事前に保護者の同意を得られれば高校生の部にエントリーできますよ。

 

まとめ

 日本で開催されているフォートナイトの大会についてまとめました(公式のFNCSのみは海外主催)。

 

 フォートナイトはeスポーツの種目として人気が高いので、ここに紹介した以外にも多くの大会が開催されています。高校生の方の参加にあたっては保護者の許可が必要となる大会が多いので、エントリー条件をよく確認し、保護者にも相談をした上でエントリーをしてください。

 

 気軽に参加できるオープン大会に積極的にエントリーして、ゲームのスキルを磨いていきましょう!

■外部リンク

■関連記事