BCN eスポーツ部 高校eスポーツを応援するニュースサイト

MENU

「ロケットリーグ」をPCで楽しもう!推奨スペック・便利な周辺機器

 車に乗ってサッカーをするという独特なゲームシステムで、世界的にeスポーツ競技として有名な「ロケットリーグ」。

 家庭用ゲーム機でもプレーが可能なタイトルですが、本格的な周辺機器を揃えてPCでプレーするプロゲーマーの姿に憧れる方は多いのではないでしょうか。

 本稿では、PCでロケットリーグをプレーするときに求められるスペックと、合わせて用意したい便利な周辺機器に関する情報をまとめて解説します。これからゲーム用のPCを購入してロケットリーグをプレーしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

ロケットリーグとは?

 「ロケットリーグ」は、アメリカのゲーム開発企業Psyonixが開発し提供するゲーム作品。ジャンプやロケットブースターといった特殊な機能を持つ車を駆使してサッカーを行う架空のモータースポーツをテーマとしています。

 日本では、格闘ゲームやFPSと比較するとプレー人口が少ないタイトルですが、その競技性の高さからeスポーツ競技として世界各地で爆発的な人気を見せています。さまざまな地域で大会が開催されており、業界で盛り上がりを見せているタイトルの一つです。

 

ロケットリーグをPCで遊ぶための方法

 ゲームのプレーは、PCで行う作業の中でも高い負荷がかかるもの。快適にプレーするためには、それに対応できるだけの高いスペックを備えたPCが必要です。

 公式が発表している動作環境情報をもとに、ロケットリーグをプレーするためにはどのくらいのスペックが求められるのかチェックしましょう。

 

スペックとは?PC購入にあたって知っておきたい要素

 PCを購入するときに必ず考えなければいけないのが、どのくらいのスペックを持つ部品を購入するかという点。そのPCで何をしたいのかを考え、その作業に耐えうる性能の製品を選ぶことが重要です。まずはゲームプレーを想定してPCを買うときに特に注目したい、各パーツの役割について解説します。

  • OS
     PCを起動し、あらゆる動作を行うために必要な土台となるソフトウェア。ゲーム用にPCを購入するなら、使用できるソフトウェアや周辺機材の幅が広いWindowsがおすすめです。
  • CPU(プロセッサ)
     PCの脳にあたる部分です。そのPCがどれだけ高度な処理に対応できるかを示します。
  • ビデオカード(グラフィックボード、GPU)
     PCの内部で映像を処理・出力する役割を持つ部分です。高度なグラフィックのゲームをプレーするなら必須のパーツと言えます。
  • メモリ(RAM)
     PCが同時に複数の処理をするためのキャパシティに直結する部分です。メモリの容量に余裕があればあるほど快適にゲームをプレーできます。
  • ストレージ(SSD/HDD)
     PCを動かすためのシステムや、ゲームをプレーするためのデータなどを保管しておく領域です。GB(ギガバイト)やTB(テラバイト)でその容量を表しており、SSDのほうがHDDよりも読み込みが速いのでゲーム用のPCに向いています。
  • DirectX
     マイクロソフトが開発したゲームや映像などの処理をスムーズにする仕組みのことです。主に裏側で動いている機能なのであまり深く理解する必要はありませんが、タイトル毎に対応するバージョンが導入されていないとゲームがうまく動作しないので注意しましょう。

 自分がプレーしたいゲームの動作環境の情報を参考に、それを満たすスペックのPCを用意してください。PCを構成する各パーツについては、以下の記事でより詳しく解説しています。
プロゲーマーになりたい人におすすめのサードウェーブ製パソコン(PC)6選!推奨PCスペックから詳しく解説

 

ロケットリーグを遊ぶために欲しい最低限のPCスペック

 続いて、ロケットリーグをプレーするためにこれだけは確保しておきたい最低限のスペックを紹介します。

 


 ロケットリーグをプレーするためには、少なくともこれだけのスペックを備えたPCが必要です。あくまでも”最低限”なので、画質やフレームレートなどを高く設定するとPCへの負荷が増える項目は極力落とすことが前提と言えます。

 なお、上記未満のスペックのPCでは、そもそもゲームシステムが正常に動作しない可能性が高いです。

 

ロケットリーグを快適に遊ぶために欲しいPCスペック

 グラフィック周りの設定をある程度高く保ちながらロケットリーグをプレーしたいなら、以下の推奨動作環境を満たしたPCを用意してください。

 

 これだけのスペックがあれば、動作に関する心配はなくロケットリーグをプレーできると言えます。より安定した動作や録画・配信を同時にする場合は、上記よりも高いスペックがあると、なお安心です。

 

ロケットリーグをPCで遊ぶときにあると便利な周辺機器

 ゲーム用のPCと合わせて用意したい、あると便利な周辺機器について解説します。高校生の方でも手が届きやすい価格の製品を一例として紹介しているので、購入の際には参考にしてください。

 

モニター

 デスクトップPCの場合は、映像を出力するモニターがなければ始まりません。ノートPCであっても、別途、モニターを用意すればより大きな画面や高品質な映像でゲームを楽しめますよ。

アイリスオーヤマ 液晶ディスプレイ 27インチ

 

コントローラー(ゲームパッド)

 ロケットリーグの操作性は主にゲームパッドでのプレーが想定されていると言います。コントローラー(ゲームパッド)を用意すれば、より滑らかな動きになるでしょう。

エレコム 超高性能ワイヤレスゲームパッド JC-U4113SBK

 

マウス

 ロケットリーグのプロ選手の中にはマウスとキーボード(キーマウ)で実績を残している人もたくさんいます。他のゲームでキーマウによる操作に慣れている場合は、こちらを選択するのもいいでしょう。市場には数多くのマウスが販売されていますが、ゲーム用途で購入する場合はゲームプレー特有の素早く激しい動きを予め想定して作られている「ゲーミングマウス」を検討しましょう。自分の手の大きさや利き手によって、しっくりくるデザインのものを探してください。

Logicool G G304 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス

 

マウスパッド

 ゲーミングマウスを使うなら、その動きをサポートするマウスパッドも一緒に用意するのがおすすめです。マウスパッドにも、プレー時の動きをサポートしてくれる製品があります。

SteelSeries QcK

 

キーボード

 キーボードは、キーの押し心地や配置、サイズ感、デザインなどあらゆる面で使用者の好みを追求できる部分です。ぜひさまざまな製品を比較して、お気に入りのものを見つけてください。

Logicool G G213 PRODIGY RGBゲーミング キーボード

 

ヘッドセット

 ヘッドホンとマイクが一体化しているヘッドセットを購入すれば、これ一つでボイスチャットや声の録音・配信にも対応できます。スムーズなコミュニケーションや臨場感を求める場合には欠かせないアイテムです。

Logicool G G433 7.1有線サラウンド ゲーミング ヘッドセット

 

まとめ

 「ロケットリーグ」をPCでプレーしたいと考えている方に向けに、求められるPCのスペックや合わせて用意したい周辺機器を紹介しました。

 PCはより高い性能を求めるほど、価格も上がっていきます。自分の予算を踏まえて納得できるレベルのスペックを持つPCを探してみてくださいね。

 

■関連記事