大会レポート

2024.02.11

NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権 ロケリ部門準決勝が開幕!決勝に駒を進めるのはどの2チーム!?

記事をシェア
ツイッター
フェイスブック
ライン

 eスポーツを通じて仲間と共に成長することを目的とした高校生のためのeスポーツ選手権大会「NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権」のロケットリーグ部門準決勝が2月11日14時から始まりました。大会総合MCはOooDaさん、実況はkokkenさん、解説はWaveさん、アナリストはValtaNさんです。今年予選には45校、70チームが参戦。準決勝に進出したのは第一薬科大学付属高等学校「POG」、N高等学校「N小町」、飛龍高等学校「HEST:Majide」、阿南工業高等専門学校「Kamase Dogs」の4チーム。試合形式はBest of 5。いよいよ熱戦が始まります。

ロケットリーグ部門準決勝が2月11日14時からスタート!

出演者一覧
対戦表

準決勝第1試合
第一薬科大学付属高等学校「POG」 VS N高等学校「N小町」

第一薬科大学付属高等学校「POG」左からmetal967選手、34sanshi選手、322Lucky選手
N高等学校「N小町」左からLunatic選手、Rarara選手、furlashh選手

 序盤からN小町がLunatic選手のダブルタッチなどの高等テクニックが出るなど連続ゴールで7-0でゲーム1はN小町が先取。ゲーム2もPOGが1点取るも、次第にN小町のチーム連携が洗練されていきます。furlashh選手、Lunatic選手の二人が順当に点を重ねN小町が11-1でゲームを連取します。ゲーム3もルーズボールも逃さずゴールして12-0でN小町が決勝進出しました。

 ValtaNさんは試合を振り返り「furlashh選手、Lunatic選手のエゴイストでしたね。一方でディフェンスも非常に硬い。ただPOGチームもキックオフゴールの時は、チームの作戦や読みがピッタリハマっていたりして、どちらもハイレベルでしたね」とコメントしました。


 Rarara選手は勝利コメントとして「皆緊張していたのですが、声出しをしていくと自然と緊張がほぐれて、調子が戻ってきました。決勝では、今日よりも良いコンディションで挑みたいです」と決勝に向けてコメントしました。ValtaNさんはRarara選手について「furlashh選手、Lunatic選手は両選手ともダイナミックな選手でどうしてもポジションに隙が生まれる。そんななかでRarara選手が上手くそれを埋めていた。目立ちませんが大変重要な存在でした」と同選手の活躍について解説しました。

コメントするRarara選手
高く上がったボールを受け止めるRarara選手。ここからすぐにゴールにボールを飛ばすと思いきやfurlashh選手にパスしてゴールをアシスト。Rarara選手にはこうした動きが目立った (c)2015-2024 Psyonix Inc. All rights reserved.
一方でPOGも劣勢のなか322Lucky選手が高等テクニックのエアドリブルでゴールそばまで食らいつくなど素晴らしいプレーもあった (c)2015-2024 Psyonix Inc. All rights reserved.

準決勝第2試合
飛龍高等学校「HEST:Majide」 VS 阿南工業高等専門学校「Kamase Dogs」

 準決勝第2試合は、飛龍高等学校「HEST:Majide」 VS 阿南工業高等専門学校「Kamase Dogs」。飛龍高等学校「HEST:Majide」はエースのitochan選手を中心に巧みな連携プレーを繰り出すのが特徴。阿南工業高等専門学校「Kamase Dogs」は「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」のモデルとなったチームで、1年生のToppy422選手が期待のエース。

飛龍高等学校「HEST:Majide」
阿南工業高等専門学校「Kamase Dogs」

 ゲーム1は拮抗しつつもHEST:Majideが優位展開でしたが、1点差の土壇場残り10秒から「Kamase Dogs」ゴーレム選手がゴール。オーバータイムに突入し、すぐにてつのおの選手が前衛まで上がってきます。そのままこぼれ球を押し込み「Kamase Dogs」が逆転。5-4でゲーム1を手にしました。ゲーム2もシーソーゲームの展開で途中同点の3-3に。試合時間1分を切ったところで「HEST:Majide」が連続ゴール。5-3でゲーム2を取りました。「Kamase Dogs」キーパーのてつのおの選手をRuby_185cm選手がバンプで小突いて隙を突くシュートなど巧みなプレーも光りました。

ゲーム1 てつのおの選手が突如現れボールを押し込む (c)2015-2024 Psyonix Inc. All rights reserved.
キーパーをバンプするRuby_185cm選手。ここからゲーム2を決めるシュートをitochanTT_175cm選手が放つ (c)2015-2024 Psyonix Inc. All rights reserved.

 ゲーム3では「HEST:Majide」が畳みかけ、5-1でゲームを連取しました。ゲーム4も勢いそのままに「Kamase Dogs」の攻めを寄せ付けず、7-0とパーフェクトで「HEST:Majide」が勝利。決勝進出を決めました。

 ValtaNさんは「GAME1は2分切ってKamase Dogsが3点リードされていたんですが、そこから同点、オーバータイムでゲームを勝ち取るなどメンタルの強さは素晴らしいものがありました。両者共に試合の中でチームの完成度が高まってきましたがHEST:Majideの上げ幅がすごかったです」と対戦を振り返りました。

【画像14】勝利コメントを述べるitochanTT_175cm選手。「お母さんが見ているので」と試合中にカメラ目線でアピールする余裕も見せていた

勝利コメントを述べるitochanTT_175cm選手。「お母さんが見ているので」と試合中にカメラ目線でアピールする余裕も見せていた

リーダーのitochanTT_175cm選手は「皆さんが見ていて楽しい試合を繰り広げられたらと思います。応援よろしくお願いします」と決勝への意気込みを述べました。2023年にはN高に敗れているという因縁の対決となります。

明日の決勝戦はN高等学校「N小町」 VS 飛龍高等学校「HEST:Majide」!

 明日(2月12日)の決勝戦はN高等学校「N小町」 VS 飛龍高等学校「HEST:Majide」。優勝候補ともいわれるほどの実力を持つN小町が優勝するのか、チーム力を発揮しHEST:Majideが勝利するのか。明日の対戦も高校生たちの頑張りに期待しましょう。

関連記事

LoL部門 決勝戦!NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権 大会レポート

アツい戦いを繰り広げる大学生たち それと研究×eスポーツ!?筑波大学主催のeスポーツイベントに密着!

ゲームをするための休暇がとれる!?旧ウェルプライド・ライゼスト GLOEがゲーミング休暇などの福利厚生制度を開始

外部リンク

NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権
https://nasef-nhec.jp/

部活紹介

おすすめ関連記事

eスポーツ部の活動日誌

新着記事

ゲーミングデバイス情報

  

ゲーミングデバイス情報

新製品 レビュー 部活紹介 eスポーツ部の活動日誌